2011年06月08日

人生初!

本日、生まれて初めての胃内視鏡検査を
受けて参りました。

ここんとこ本当に体調が悪くて
胃がキリキリとしてたんですね。
で、病院に言ったら
「念のために内視鏡やりましょうか?」と
さくっと言われまして…。
仕事の兼ね合いとかもあって、そこから
二週間後の本日が予約日となったわけです。

まぁ、原因がわからんままモヤモヤとしているのも
いやだし、もうそろそろ年齢的にもやっとかんと
いかんのかなぁ〜と思い先生の説明を聞きました。

私が通院している病院は、口からじゃなくて鼻から
内視鏡を入れるのですが、鼻から入れる方が口から
よりも、ラクに受けられるのだそうです。
と言っても、口からの経験がないワタクシ。
何にせよ、ドキドキでした。

手順としましては、まず鼻から麻酔を入れていきます。
最初にさらっとした麻酔薬を少し入れて、細いチュー
ブを鼻に入れてしばらくおいてから、次はドロっとした
麻酔薬を注射器(針なし)でドドドっと入れていき、先
のチューブより太いチューブをまた差し込んでしばら
く放置。
麻酔薬は両方共、喉の方にもくるから飲み込むんですが、
苦い…。
そして、どんどん麻酔が効いてきて喉がほとんど感覚がな
くて、飲み込みができなくなってきます。
これが息ができなくなるような錯覚をおこしてちょっとしんど
かったです。
そして、よだれがとめどなく出てきます。
看護師さんからティッシュを渡され口からよだれをふきながら
待っていたら、先生登場!
手には内視鏡。んっ?思ったより太い?って思うか思わない
かくらいで、「いきますよぉ〜」と言われて鼻につっこまれ画面
には、鼻の穴のドアップ。鼻毛がすごい!!っって思ったが
そっから余裕まったくナッシング!!
鼻に入れられる事じたいは麻酔も効いているので、痛みも
さほどなかったんですが、喉のところで先生に「ゴックンして
ください」と言われてゴックンしたとたんにオエェェ!となりま
した。自分の意思なんかまったく無視してでかい声でオエェェ
って…。計三回オエェェっとなり、涙目になっていたら先生が
「もう大変な所はすぎましたよ、ゆっくり呼吸してくださいね」
と言ってくれて、ちょっと慣れてきて、涙目でよだれをダーダー
ながしながら画面を見てみる。
「これが胃の入口ですね」先生は内視鏡をいろんな方向に向け
ながら、いろいろ説明をしてくれました。
水を入れたり、空気を入れたりもしたんですが、入ってくる感覚
がしっかりあるんですね。なんか不思議でした。
そこからは、出すまでオエェェっとなることもなく無事に検査は終
わりました。
終わって、起き上がって自分の出した唾液の半端なさにかなり
びっくり!麻酔が効いているのでしばらくはティッシュがはなせ
ませんでした。

結果は、検査までの間に薬を頂いていたので、ある程度は炎症は
治っていたようですが、出血のあとがあちこちにあると言われ慢性
胃炎と診断されました。でも、胃はキレイになっているとの事で
ホッしました。
撮った写真をもらい(なぜかくれた)、薬ももらい病院を後にしました。

思ったよりも大変だった内視鏡検査。
鼻は口よりかなりラクとか聞いてたけどさ、やっぱりオエッなったから
口からだったらもっとえらいことになったのかな?と思い医学の進歩
に感謝をしたのでした。
posted by あちこ at 14:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。