2010年08月15日

「トイ・ストーリー3」を観る

昨日、映画をまたまた二本観て参りました。
今回は、「トイ・ストーリー3」と「魔法使いの弟子」
両方共ディズニーです。
旦那のリクエストで行ってきました。

まずは「トイ・ストーリー3」。
3Dで観て来ました。
でも正直2Dでも別によかったかなと思うくらい、
3D感はあまりありませんでした。

ストーリーは前作から10年後。
持ち主のアンディが17歳になって
もうおもちゃでは遊ばなくなった。
おもちゃ達の運命は…。
なかなか考えさせられる内容でした。
ただ、楽しくて笑えただけじゃなくて、
大人になって、使わなくなったおもちゃの行く末。
ただの物でなく、感情をもったおもちゃ達に言動は
切ないものがありました。

そして、映像がなかなかの迫力でした。
サニーサイド保育園の怪獣のような子供達。
そこからの脱出。
クマのぬいぐるみロッツォとの戦い。
アニメと舐めてはいけません。
物語の終わり。
最後のアンディ。
泣けました。ウッディ達よかったねぇ〜。と心から思いました。

メガネオンメガネで大変でしたが、
涙がポロポロ出てしましました。

すごくステキな映画でした。
これで、終わりになってしまうトイ・ストーリーですが、
何回でも観たくなるような作品でした。

後、ボニーという女の子のお家にある
おもちゃの中に「トトロ」が!!
宮崎アニメの知名度を目の当たりにしました!

「魔法使いの弟子」はまた次回。
posted by あちこ at 12:00| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。