2011年09月21日

「探偵はBARにいる」を観る

久しぶりに映画の話。
先日に旦那と映画館に行ってきました。
観たのは「探偵はBARにいる」。

選んだ理由は、私が大泉洋が好きだから。
相棒役の松田龍平も今までにない感じの役で
魅力的だなとも思いましたよ。
もちろん、映画も面白そうだなって思ったんで
カーズ2の時に味を占めた、夜中の映画館へと
行ってきました。

内容は、なかなかなハードボイルドでした。
大泉君出てるんで、コメディだと思ってたんですね。
よくよくみるとPG12。
あら、なになになになに、なにがPG12なんだい?
って思って観はじめたのですが、
暴力あり、エロあり、グロありとなかなかハードな内容でした。
たしかにクスリとできる場面もありましたが、全体に
醸し出す昭和テイストのハードボイルドな雰囲気は
かっこいいと感じずにはいられなかったです。

舞台は、北海道札幌市ススキノ。
行った事あります!見たことあります!
でも映画のダークな裏社会的な感じは
もちろん感じてはいなかったけど。
自分のイメージする北海道とはかなりかけ離れた
世界でした。

大泉洋演じる探偵は、携帯も持たず依頼はいつも
いるBARに電話をかかってきます。
事件の始まりは、ある女からの依頼。
その女の依頼のせいで、探偵は死にかけちゃいます。
カタギの人間じゃない奴らに襲われちゃうんですね。
で、相棒の松田龍平演じるタカダに助けてもらって
その依頼に疑問を感じるわけです。
で、再び、同じ女から依頼の電話が…。
そして、調べていくうちに様々な事実が判明していきます。

と、あらすじはこんな感じ。

コレ、原作は小説なんですね。
で、最初のBARにかかってきた電話の依頼主の女とのやり取りは、
小説だと当たり前だけど声は聞けないじゃないですか、
でも映画だから声が出るじゃないですか、で、誰か検討ついちゃうんですね。
コレって、わかってもうよしとしてるのかしら?とちょっと思ったわけです。
たぶん観た人、ほとんどわかったと思うんですが…。

そこはちょっと疑問だったんですが全体的にはとても渋くて
カッコイイ映画でした。けっして二枚目ではない大泉君、
とてもかっこよかったです。
最後も、甘く終わらなかったところは自分的には好感がもてました。

どうやら、続編やるのが決定したらしいので、
また観たいかな〜?
でも、基本的には大泉君はコメディやってる方が好きかも…。
うちの旦那、終わってからずっと「大泉のくせにぃ〜!」を連呼していた。

ちなみに、出演者の高嶋政伸氏。
もうもうもう、すげぇ気持ち悪かった…(←ほめ言葉です)
彼はもう、こうゆう役やらせたら天下一品ですね。
でも、最近こんなんばっかでないかい?
posted by あちこ at 13:13| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
見たいなぁ。特に高嶋氏の気持ち悪さを感じたい(笑)
映画は、映画館がやっぱりいいなぁと
「ライフ」を見て思いました。
近々これも見に行こうかなぁと思います。
Posted by tama at 2011年09月23日 22:56
tamaへ
オススメよ。グロシーン若干ありますが、
いいよ!
ぜひ!高嶋氏を見てほしい。髪型とか顔とか
もぉ、もぉ!
少し古臭い感じも、懐かしく感じる
いい映画でした。
Posted by あちこ at 2011年10月02日 13:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。