2011年11月17日

はしご映画

昨日、お休みだったので友達と映画を観に行きました。
それもはしごです。
昔はよく映画のはしごはしてたんですが、最近めっきり。
なので、ちょっと若い頃に帰ったみたいにすっごく楽しみに
してたんです。
昼飯を食べて1本、夕飯食べて1本。
名駅のミッドランドシネマに行ってきました。
観たのは、「ステキな金縛り」と「東京オアシス」。

「東京オアシス」は、かもめ食堂とかめがねとかプールとか
一連の癒し映画的(スタッフも同じ?)なもので、
ほんわかした感じになれるかなぁ〜と期待して観たんですが、
なんだか、すっごく眠かった…。
最初の加瀬亮、次の原田知世、その次の黒木華、
と小林聡美と交流をオムニバスチックに描いています。
う〜ん…。なんかね、1シーンがすっごく長いの…。
最初の車から見た道をえんえん流してるのから始まって、
加瀬君のコンビニの買い物シーンとか、正直こんなに尺が
いるんだろうか?と思ってしまったんですね。
あと、晩御飯食べた後で、胃に血がまわってたのも相まって、
最初は寝てしまった…。隣の、おじさんも寝ていた、
そして我が友も寝ていた…。
知世ちゃんとのシーンとか、雰囲気がよかったところも
あったけど、なんだかなぁ〜って感じ。
終わり方も、「これで、終わりかよ!」みたいな感じだったし…。
ま、エンディングの大貫妙子の主題歌はステキでしたけどね。
なんか、残念な感じの映画でした。

それに、反して、「ステキな金縛り」はとってもおもしろかった!
予告観た時から、面白そうで楽しみにしてたんですが、
期待を裏切らなかったです!
もう、幽霊が証言台に立つって時点でむちゃくちゃなんで、
なんでも有りです。
なんでもありだけど、やっぱりちゃんと芯はありました。
ちゃんとスジは通っていて、笑って笑ってちょっとほろりで、
ありがちっちゃあ、ありがちな展開かもしれないけどそれが
また安心できてよかったです。

そして三谷映画といえば、出演者の豪華さでも有名ですが、
今回ももれなく豪華でしたよ。
主役の深津絵里ちゃん、めっちゃかわいかった!
38歳とは思えないくらいキュート。
髪もぼさぼさで、化粧っけもないのに…。
小さいからだで、オーバーリアクションがさらにかわいかった〜。
そしてもう一人の主役、落ち武者役の西田敏行。
いやぁ〜、彼はコメディやらせたら本当に天下一品です。
いちいちリアクションとか表情とか面白かった。
そして、脇を固める名優。
阿部寛、中井貴一、浅田和之、戸田恵子、などなど
もう皆さん笑わせてくれました。
で、ちょっと嬉しかったのは昔好きでファンクラブまで入っていた
KANが出ていたこと!
KANちゃん、すっかりとおじさんになってましたね。
いや、今でもステキなピアノ演奏で歌うとすばらしいんですけど
まさか映画にそれも三谷映画に出演するとは!さえなかったなぁ〜(笑)
ちょい役でも、浅野忠信とか篠原涼子とか唐沢寿明とか深田恭子とか
もういっぱい出てるんですが、なんといっても一番だったのは
生瀬勝久!ネタバレるんで、書けませんがヤバイです。
もう、出てくる度に涙が出る程笑いました。
生瀬さん最高!今、思い出しても笑える…。
笑いたくて、スッキリしたい人にはピッタリ。
映画って娯楽なんだ!って思えるステキな映画でした。

「ステキな金縛り」を先に観たんですが、
「東京オアシス」だけだったら
がっかり感が半端なかったので、よかったです。

あ〜、楽しい一日だったな!
posted by あちこ at 12:11| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。