2012年02月04日

「しあわせのパン」を観る

昨日、いつもの相棒と映画
「しあわせのパン」を観に行きました。
主演が原田知世&大泉洋という私には
たまらないキャスティング!
二人とも大好きな役者さんです。
公開すると知ってから長いこと楽しみに
待っていた、映画です。

お話しは、北海道の洞爺湖のほとりにある月浦という町で
カフェ「マーニ」を営む水縞くんとりえさん夫婦。
夫がパンを焼き、妻がコーヒーを入れ、料理を作る。
そこに春夏秋冬にやってくるお客さん達の人間模様。

もうね、「癒し」です。
水縞夫妻のあたたかなもてなしに癒されていく
お客様。
町の楽しい仲間達。
そこの世界に行きたくなります。

はっきりいって、現実味はあまりありません。
水縞夫妻や仲間のガラス工芸作家とか郵便屋さんとか、
常連のトランクの中身がアコーディオンのお客さんとか
夢の世界の住人のようです。
君達は、どうやって食っていってるのだ?と
問うてしまいたくなりますが、そこは映画の世界。
いいんです。この映画はこれで!
悩みや傷を抱えたお客さんも実際の現実はとても簡単に
表しています。
映画はとにかく、月浦の美しさが存分に出しています。
そこで癒されていくお客さんと共に私も癒されました。
パンうまそう!コーヒーうまそう!料理うまそう!
夫婦、親子、それぞれで分け合うパンは本当に美味しそうでした。

終わったあとは、とってもほんわかした気持ちになりました。
なにより、水縞夫妻!ステキ!
知世ちゃんかわいすぎます!洋ちゃんもステキでしたよ。
友達は、水縞くん大絶賛でした。

アクの強い世の中。
たまには、こんな全癒し!みたいな映画もいいもんです。
また観たいなぁ〜。
posted by あちこ at 14:40| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。