2012年01月26日

心洗われる

本日、小林賢太郎の「うるう」を観に行ってきました。
一緒に行ったのは、ずっと一緒にラーメンズファンを
している友達。大事な相棒です。
仕事を休んで、人気のお店にランチを食べに行き、
ちょっと買い物もして、がっつり楽しんでからの
観劇。最高の一日でした。

さて、小林君のお芝居は、ラーメンズ等など合わせて
かれこれ5年ぶりくらい。
チケット取れんのだよ!マジで!
で、友達が取ってくれて本当に感謝!

会場はテレピアホール。
小さい会場で席は、真ん中よりちょっと前だったけど、
結構舞台に近い席でした。
久々の舞台は、生のチェロの演奏(ラーファンにはお馴染み徳澤青弦さん)に
小林君の一人芝居。
物語は、森の中に住む人と一人の子供のお話し。
まるで童話のような物語でした。
笑いも、どっ!とくるものはほとんどなく、くすりっ!と
する程度で、生のチェロの音楽が童話っぽさを
さらにだしていました。
小林君の出で立ちは、シャツにパッチワークみたいなダボダボのズボン、
左右色の違う靴、そして、頭は銀髪!なんでそうなのかは、
物語が進むにつれてわかってくるんですけどね。
なんだか、切なくて最後にちょっと感動するお話しでして、
終わった後は、なんだかとってもほんわかした気持ちになりました。
フライヤーの写真の意味も、終わるとよくわかって切なし…。
後から、じわじわくる舞台でした。

しかし、小林賢太郎。すごい。
久しぶりなんだけど、すごい。
芝居もすごい。演出とかも本当にすごい。
そして、かっこよかった。おっさんになったけど
かっこいい。
あれだね、自分のやりたい事をつきすすめる人は
かっこいいやね。

久々の舞台で、本当に心が洗われました。
また観にいくぞ!
頑張ってチケット取りにいくわよ!相棒!
posted by あちこ at 23:51| Comment(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

ねずみの三銃士第2回公演「印獣」を観る

28日の土曜日に、旦那さまと舞台を観に行きました。
タイトルは「印獣」。
main.jpg
出演は、
≪ねずみの三銃士≫生瀬勝久・池田成志・古田新太
岡田義徳・上地春菜
三田佳子

そうとうな豪華メンバーです。
そして、前回の公演「鈍獣」と同じく作は宮藤官九郎、演出は河原雅彦。

豪華です。豪華すぎます…
期待するなと言う方が難しいです!

内容は…
あるお屋敷に三人の作家が招待されます。
一人は携帯小説作家(生瀬勝久)。
一人は絵本作家(池田成志)。
一人はアダルトルポライター(古田新太)。
謎の「印税生活をしませんか?」とある招待状。
案内の児嶋(岡田義徳)に、三人はお屋敷につれて行かれます。
屋敷の主は、大女優長津田麗子(三田佳子)
麗子は、三人に自分の自叙伝を書けと言います。書きあがるまで、外には出さないと…。
さて、三人の運命は…。
というような、感じ。

おもしろかった!
いったいどんな結末なんだろう?と本当に気になって、おしまいであっという間でした。
ねずみの三銃士。よかった〜!あの三人の芝居は最高!
掛け合いは本当に面白かったです。
それにも増して、三田佳子!すごかった!ランドセルは背負うわ、セーラー服は着るわ、
被り物するわ、下ネタ言うわで、もうおなかいっぱい!
あの大女優がいいのか?!クドカン、こんなこと言わせていいのか?!
マチャピコ、こんなことやらせていいのか?!
とちょっとハラハラもしちゃいました。
でも、クライマックスはやっぱり大女優三田佳子でした。迫力満点でしたよ。
どの役者さんも本当にすばらしい演技でした。
みんな体張ってたしね。
客席から舞台に上がったり、舞台から客席に来たり、あ〜楽しかったぁ〜。

お話しは、よく考えるとかなりエグい内容だけど、私は好きでした。

やっぱりライブはいいです。
今回、旦那さまは初観劇だったんですが、とても楽しめたみたいで、
よかったなぁ。

ねずみの三銃士企画、次回も観たいぞ!


posted by あちこ at 16:13| Comment(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

舞台好き

久しぶりに晴れて晴れやっと洗濯物もできて気持ちのいい日でした。
今日は私の好きなもの。
舞台が好きです。生で見るのはとっても迫力があって感動もします!
主に演劇が好きなんですが、でっかい規模のものではなくてちょっと
小さい劇場などでやるお芝居が好きです。
でも、観たいな〜とか思っているお芝居って、なかなか我が家に近い名古屋ではやらない事が多いんですあせあせ(飛び散る汗)
何ででしょうかね?観にくる人があんましいないんでしょうか?
寂しいです。
写真は、去年名古屋に観にいった「49日後…」とその前にやった(これは名古屋では公演してない…)「鈍獣」のDVD。
「49日後…」は出演が古田新太・池田成志・松重豊・八嶋智人・小田茜のちょっとホラーなお話。
もうすごくおもしろっくて、公演を観て本当によかったなぁっと思ってDVDを購入しちゃったんです。

「鈍獣」はWOWOWで観て、おもしろかったんだけどDVDまで手が出ずだったのを、誕生日に友達がプレゼントしてくれたのです。
こちらの出演は、古田新太・池田成志・生瀬勝久・西田尚美・野波麻帆・乙葉。これまたホラーちっくな話です。
これは映画にもなりますよね〜。
でも、こっちのメンツの方がスキだなぁ。
両方ともすごく好きな作品。

DVDもいいけどさ、でもやっぱし生で観たい!
あ〜、名古屋でももっとたくさんお芝居やってくれぇ!

Image0261.jpg
「49日後…」ヤッシーと古田さんのかけあい最高!
「鈍獣」キヨスクのおばちゃん最高!


posted by あちこ at 17:35| Comment(2) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。