2010年07月23日

「借りぐらしのアリエッティ」を観る

昨日、母と一緒にジブリ最新作「借りぐらしのアリエッティ」を
観に行きました。

母からのリクエストです。
私も観たかったんですが、旦那は乗り気でなかったので
丁度よかったです。

さて、感想ですが、

ジブリ作品好きです。
昔から観てます。DVDも持ってます。
「もののけ姫」から必ず映画館で観てきました。

でもなぁ〜なんだかなぁ〜…。
ハウルの頃から、「ん?」と思うコトがあって、
終わってから「あ〜おもしろかった!」と素直に思うことが
なくなってきてたんですが、今回ももれなくそうでした。

キレイなんです。絵もすばらしいです。
描写も細かくて特に小人サイズの水の出方が「いいな」と思いました。
なにがいかんのかなぁ〜?
物語?人間の描写?(あんまり共感できない言動が多々ありました)
もう自分が子供でないからかな?とも
思いましたが、なんだか残念でした。

でも、また新しく作品ができたら観に行くんだろうな〜。
ジブリってブランド力すごいわ〜。


posted by あちこ at 11:03| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

「アリス・イン・ワンダーランド」を観る

別の事でちょっと忙しくて、作品作りはしてません。

先週土曜日、またまた映画を観に行ってきました。
「アリス・イン・ワンダーランド」
ティム・バートン監督&ジョニー・デップコンビの最新作!

これは、3Dで公開している作品です。
しかし、地元の映画館では3Dでは観られません。

せっかくということで、3Dで観られる映画館まで行ってきました。

毎回、キレイな映像を見せてくれる、ティム・バートン監督作品。
今回も素敵でしたよ。
とにかく、架空の動物やら人やらが出てくるので、
本当に不思議で面白かったです。
内容は、大人になったアリスが赤の女王によって、
支配されたワンダーランドを救うという、
いたって簡単な内容ですが(ここは子供向けなのか?)
楽しく観る事ができました。

ジョニー・デップのメイクは今までで一番凄いんではないでしょうか?
アップはちょっと恐かったです。
あと、ティム作品レギュラーのヘレナ・ボナム・カーター。
頭がでかい「赤の女王」を演じていますが、
これまたメイクもすごくて、頭がでかいだけでも
変なのに、メイクも合わさってなかなかインパクト大でした。

さて、3Dですが、でっかいメガネをかけて観ます。
私ら夫婦は、もともとメガネかけてるんで
メガネONメガネ。
となり、ちょっとかけづらかったです。

映像は、やっぱり迫力がありました。
アリスが穴から落ちるところとか、
「うわっ」となったりして楽しめました。

でも、結構目を酷使したような感が否めない…。
非常に疲れました。

今、テレビでも3Dを売り始めてますが、
目悪くすんじゃないかと思ってしまいました。

P1000964.JPG
「白うさぎ」かわいかったです。


posted by あちこ at 11:28| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

「のだめカンタービレ最終楽章 後編」を観る

土曜日に、「のだめカンタービレ最終楽章 後編」を観に行ってきました。
前編を観てから、数ヶ月。
この日を楽しみにしてきました。

映画館は、土曜の夜ということと他にも公開初日の映画があって
なかなかな混雑ぶりでした。

さて、映画の内容ですが…。
行く前に、後編の部分にあたる所を漫画で読み込んでいたので、
とても、急ぎ足な感じはしました。
特に、のだめと千秋以外の部分がかなり端折っててちょっと残念。
でも、しょうがないのかな〜。
自分的には、黒木くんとターニャのところはもう少しやって欲しかったなぁ〜。

がしかし、演奏のシーンは本当にすばらしかった!
どれも、迫力があって本当に感動しました。
特に好きだったのは、ルイと千秋が演奏した、
ラヴェルの「ピアノ協奏曲 ト長調」
ステキな曲でした。

それにしても、役者さん達の演奏のお芝居は本当によかった!
前編の時といい、演奏シーンを本当に大事にしているんだなぁと
つくづく感じました。

全体的に、いままでよりもシリアスな感じが多くて、
面白のシーンは少なかったですが、よかった。

これで、終わっちゃうのかぁと思うと、残念だな。
もう少し、上野のだめと玉木千秋を観たかったなと思いました。


あと、最後のシーン。
とてもロマンチックでよかったけど、
私としては、漫画の最後のシーン、やって欲しかったかなぁ。

「また、それか」
この言葉で終わって欲しかった。
posted by あちこ at 12:43| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

「のだめカンタービレ最終楽章 前編」を観る

今年最初の映画は、「のだめ」。
「のだめ」は漫画もドラマも全部見ていて大好きな作品。
映画も本当に楽しみにしていました。

今回の映画も、ドラマの時と変わらず期待を裏切らず、
とっても楽しめました。

特によかったのが演奏シーン。
前編は主に千秋が中心の物語。
なので、そのオケシーンは本当にすばらしかったです!
前編のメインであろうチャイコフスキーの「1812年」は圧巻でした。
大砲もよかった!

映画館ならではの迫力で、オケのシーンは何度も感動して涙ぐんでしまいました。

キャラクターも漫画を大事にしている感じがして、
新しく出てきたキャラが、本当に漫画とソックリなんですよ。
それだけで、笑っちゃいました。

のだめ役の上野樹里ちゃんがもうかわいくってかわいくって、
しょうがなかった。漫画ののだめまんまでいいですね。
千秋役の玉木宏さんも、指揮姿が本当にプロのようで、
ほれぼれしちゃいました。

前編ということなので、最後は「続く」感まんまんで終わったので、
もう早く後編が観たくてしょうがなくなりました。

4月17日に公開。
あ〜、待ちきれないなぁ。

posted by あちこ at 15:05| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

映画「20世紀少年 -最終章-ぼくらの旗」を観る

土曜日に、旦那さまと「20世紀少年」の最終章を観に行ってきました。
20世紀少年は第1章から、ずっと映画館で観ていて、この最終章は本当に
楽しみでしょうがなかったんです。

漫画を未読の私たち。
”ともだち”はいったい誰なのか?と本気で二人で話していたので、
やっと正体を知ることができました。

ほぼ3時間の作品は、観あきることなくあっという間に終わってしまいました。
”ともだち”の正体は、予想と半分あたって半分はずれみたいな感じ。

過去の2つの章で、謎だったことも(春波夫の正体とか、キリコのゆくえとか、などなど)
次々とわかって、すっきりしました。

漫画のファンだと不満とかあるのかもしれないけれど、私たちにはとても満足な作品でしたよ。

たっくさんの、ちらっとでてくる有名人を見つけるのも楽しかったです。

↓↓オフィシャルサイト
http://www.20thboys.com/index.html
posted by あちこ at 12:19| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

映画「南極料理人」を観る。

土曜日に、久々に友達と一緒に映画映画を観に行きました。
観たのは、「南極料理人」。

西村淳さん原作「面白南極料理人」という本の本当の事をベースにしたお話です。
生物はおろかウィルスですら生きることの出来ない極寒(−50〜70℃!)の南極ドームふじ基地。
そこでの調理担当をした西村さんを中心とした観測隊員8人の1年間の共同生活の物語。

主演は堺雅人氏。
結構たくさん映画(クライマーズ・ハイ、ジャージの二人、ジェネラルルージュの凱旋などなど)などに出ている人なんですけど、好きな役者さんです。
篤姫で最近人気も出ています。
そして、私をこの映画を観よう!と硬く決意させた役者が、
生瀬勝久氏ときたろう氏。
もう、大好きな役者さん!
更には、音楽が大好きなユニコーンの阿部義晴氏!主題歌はもちろんユニコーン「サラウンド」!

もう2ヶ月まえくらいからずっと楽しみにしていました。

そして、やっと観ることができたんです!
とにかく、面白かった!笑った!笑った!
場所が南極というなにもない過酷な場所なので、苦しいシーンなんかもあるのかと思ったんですけど、そうゆうシーンは一切なし。
たしかに、精神的につらくなって「帰りたい…」という人やケンカをする人などもいますが、基本は楽しいシーン満載!
娯楽が何もない環境でいかに楽しくすごすかを真剣に考えて、実行する大人の男の姿はそうとう笑えます。
そして、なによりも、食事が本当においしそうで、最初からお腹がグーグーいってしまうくらい!
南極といえど、食べるものは日本にいる時とほとんどかわりません。
普通に、なんでも食べていました。
食材は、冷凍保存できるものはなんでももってこられるんですね。(バイキンいないもんな)
そして、イベントごとにいろんなご馳走も出てきます。
伊勢えびのエビフライは必見です!

家族とのホロリのシーンもあり、本当に心があったかくなる作品でした。

そして、なにより観てはまったのはドクター役の豊原功補氏。
一番面白い役だったんではなかろうか…。彼の言動で、涙を流して笑ったシーンが何度あったか!

久しぶりに映画を観て本当によかったな、と思える作品でした。
そして、おいしいご飯を食べたくなる作品でもありました。

pannfu.jpg
パンフレット
オシャレな装丁です。

オフィシャルサイト↓
http://nankyoku-ryori.com/
posted by あちこ at 13:05| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。